MENU

男性がまた誘いたいと思える食事デートになるための4つのポイント

まだ付き合っていないけれど良い雰囲気になっている男性と初めてのデートは、食事に行くという人が多いのではないでしょうか。
食事デートでは男性が「おごるよ」と言ってくれる場合がありますが、そんな時におごられ上手になって、また誘いたいとおもわれるためのポイントについて紹介します。
食事デートが楽しければ、正式にお付き合いをするところに発展する可能性が高いですよ。

 

1.誘ってもらった時点で喜ぶ

男性は女性をデートに誘う時は平気なふりをしていても、内心では断られたらどうしようとどきどきしていることもあります。
男性から誘われた時には、まず誘ってもらえたことが嬉しいという気持ちを伝えましょう。

 

「誘ってくれて、ありがとう」「楽しみにしているね」などと言えば、男性も誘って良かったなと思いあなたとのデートを
楽しみにしてくれます。

 

2.お店を褒める

まずはお店に着いた時に、お店を褒めるようにしましょう。
初めてのところであれば「綺麗なお店だね。料理も期待できるね」「ここに来てみたかったんだ」と言い、来たことがあるお店ならば「ここおいしいよね。また来れて嬉しい」など彼に喜びを伝えましょう。
連れてきてくれたことに対して感謝の気持ちを伝えると、男性は一緒に来て良かったなと思います。

 

また店内に入ったら、内装がおしゃれ、スタッフの対応が良いなども褒めるようにしましょう。
女性が喜んでくれることが、男性にとっては何より嬉しいものなのです。

 

3.乾杯の時に感謝の気持ちを伝える

食事を始めると色々と他の話で盛り上がってしまうので、食事が始まる乾杯の時に改めて感謝の気持ちを伝えましょう。
「おいしそうな食事だね。誘ってくれてありがとう。」など言うと、彼との食事がより楽しいものになるでしょう。

 

また食事をする時にはついつい自分の話ばかりにならないように気をつけましょう。
彼の話も聞き、自分が楽しむのももちろんですが、彼も楽しめているか配慮するようにしましょう。
こういった気遣いができる女性は、彼女にしたいと思えるものです。

 

4.デート後の対応で印象を良くする

おごってもらった時に、「おいしかった。ごちそうさま」とお礼を言うのは当然のことですが、
帰りに彼がたばこを吸う人ならさりげなくたばこを買って渡したり、コーヒーを渡したりして、「ごちそうさま」と言うと
あなたの印象は更に良くなります。

 

また誘いたい、ごちそうして良かったなと思ってもらえます。

 

おわりに

いかがでしたか。
ちょっとしたコツで、男性の気持ちを満足させることができるのです。
また食事に誘いたいなと思われる女性になれたら、恋人になる日も近いですね。