MENU

彼の胃袋を掴んで離さないようにするために、プロに聞いた料理上手な女になる方法とは?

実家暮らしの女性に多いのが、料理はすべて母親が・・・という回答です。
ですが、やはり将来の事を考えれば、料理が全くできないというのもちょっと・・考えものです。
それに、料理が上手だと男性の胃袋をつかめることも。
料理ができたから意中の彼をゲットなんて事にも。

 

そこで、料理上手な女性になるためにシェフが教える秘訣をご紹介します。

 

○味覚を磨く

 

料理というのはもちろん工程も重要ですが、仕上がりの味というのが最も重要なのです。
ですから、味覚を磨くことによって料理の上達も早くなるということになるのです。

 

味覚というのは、おいしい味付けになっているのかという事です。
また、日頃口にするものでも、単に食べるだけではなく、どういう味付けになっているのか?など考えながら食べる事も大切です。

 

○練習すること

 

料理というものは完成までに非常に多くの工程があります。
中には、包丁も苦手という方もいるのではないでしょうか?
包丁が使えなければ、料理をする事もできません。
調味料を入れる順番や、火加減など・・すべて練習をして覚えなくてはなりません。
そのため、料理をする上で練習は欠かせないのです。

 

○計算しながら作る練習を

 

彼に料理を振舞うのであれば、1品だけでなく2品3品と作りたいと考えてる人もいるでしょうし、振舞われる彼も1品よりも数品ある方が嬉しいはずです。

 

料理を作る上で、複数のメニューを完成させる上で重要な事は「同時に完成させるには、どうすればいいのか?どう作るべきなのか?」なのです。

 

どう作っていけば、すべての料理が美味しい状態で出せるのか?そのためにはどのような工程で進めていくべきなのか?
こういった計算ができるようになるには、やはり練習が不可欠になってきます。

 

パスタを振舞う時に、スープも出したら喜ばれるでしょう。
しかし、パスタとスープの仕上がりのタイミングがずれてしまったら、せっかくのパスタが伸びてしまうかもしれません。
そうならないためにも、仕上がりの時間を計算しつつ作る練習をされると良いかと思います。

 

最後に・・

 

料理というのは、味覚を磨いて、練習あるのみです。
また、料理の先輩であるお母様に料理を教わるのも一つの手だと思います。

 

最初はいろんな失敗をするかと思いますが、それも勉強の内だと思い、何度も挑戦する事が大切です。
作り続けているうちに、様々なコツを掴んでいくかと思います。コツをつかめるようになれば、料理の幅は一気に広がっていくはずです。

 

影で練習を重ねて「お前のご飯すごくおいしいよ!」っと彼に言ってもらえるように。
彼の胃袋を掴むため、頑張って練習をしてみてください。