MENU

甘える男性を上手に躾けるテクニック

男性を甘やかさないためには「飴とムチ」が必要だといわれていますね。
それは分かっていても、相手は子供ではないし、子育てとはワケが違うわけです。

 

ここでは、どうすれば「飴とムチ」を駆使して、男性と付き合えるのか考えてみましょう。

 

 

1.優しく接することに徹する

 

男性はプライドが高いですが、女性よりもストレスを抱えやすいもの。
癒してあげられるのは、いつも傍に寄り添っている女性です。

 

精神的に弱っているときには「しっかりしてよ!」というような叱咤よりも「気持ちは分かるよ」と優しくしてあげてください。

 

こうして優しい言葉と態度に徹することで、男性はよりあなたに頼ろうとします。
もちろん、大好きな彼を励ましてあげられることはステキで、2人の絆を深めるために大切な時間だと思います。

 

男性はプライドが高くて、いつも気を張っているぶん、癒しを求めがち。
そんなときこそ、壊れ物のように大切に扱ってあげるのが1番大事なことですね。

 

徹底的に優しく接して、男性の中のあなたの存在感を大きくしていきましょう。

 

 

2.ときどき無視する

 

何かあればあなたに癒してもらえると考えている男性ほど、浮気などをしても許されると考えるタイプもいます。
同棲や結婚をしていれば「仕事で疲れた」といえば、家事や育児をあなたに任せっぱなしということもあり得ます。

 

それがケンカの原因になることもあり、1度深まった溝を修復するのは難しいこと。

 

ケンカをした場合、男性はケンカをする元気もない、癒してほしい、という甘えた態度で切り抜けようとすることがあります。

 

仕事を理由にして、2人で解決すべきことを後回しにする男性は、意外と多いものです。
それは、あなたに甘え過ぎていることが原因ですね。

 

普段から弱っているときに、あなたが「いいよ、分かっているから」と優しくしているからこそ、何でも許してもらえると考えているのです。

 

これはいけませんね。
ですから、ケンカになっても逃げ出そうとするだけなので、一旦、疲れたといっても「無視」してください。
あなたを傷つけたり、大切な話を聞かないなどの態度は、大人の男性のすることではありません。

 

勇気をもって「無視」して、何の反応もせずに、淡々とした態度を貫いてみるのです。

 

 

おわりに

 

甘える男性というのは、まるで子供のように、どこまでもあなたに許されようとします。
そのうち、どこまで許されるか分からなくなり、大金を使ったり、浮気をするなどの無謀な行動にでることがあります。

 

「疲れた」がどこまでの許容範囲なのかを、あなたがしっかりと決めて「飴と無視」を使い分けることが大切ですよ。